新型ステップワゴンを竹岡圭さんが試乗している動画 

ステップワゴン 試乗動画(竹岡圭)

ステップワゴン竹岡圭さんが試乗している動画を紹介しております。

 

 

ホンダステップワゴンに試乗してみたいと思います。

 

ステップワゴンは、96年に初代が登場しましたが、驚きのパッケージングで生活創造車としてデビューしたんですね。

 

2世代目は前の席が回転して対座する。

 

3代目は、低床フラットフロア。

 

4代目は、3列目のシートが床下収納など、それぞれの世代でトピックスを盛り込んできて、そのカテゴリーでその都度トップに立ってきたクルマなんです。

 

そして、5世代目となる今回はどのようなトピックスが盛り込まれているのか、チェックしてみたいと思います。

 

 

今回のステップワゴンのインテリアは、北欧家具を実際に見て、触って研究したと言うだけあって、質感が上がった気がします。

 

一番感動するのは、とにかく収納スペースが多いことです。

 

こうやって見る所、ほとんど開きます。

 

ここにはテーブルもありますし、こんな所も開いちゃいます。

 

たくさん収納スペースがあるというのは、ファミリーや趣味で使うのには凄く便利ですね。

 

 

2列目はキャプテンシートが基本なんですが、ベンチシートタイプも選べます。

 

 

今回のステップワゴンの見所のひとつはシートアレンジです。

 

3列目のシートが床下収納できるんですけど、左右分割、バラバラで床下に収納できるようになりました。

 

やり方も簡単なんです。ちょっとやってみますね。

 

引っ張ります。はいできた!。

 

 

ステップワゴンの一番の見所は、わくわくゲートです。

 

まず、普通のミニバンのように縦に開きます。

 

相当大きいですよね。

 

なので、ちょっとしたお買い物で毎回開くのは大変です。

 

しかし、なんと横にも開くんですよ。

 

ちょこっと開き。

 

これだと人が乗り降りできます。

 

そして、ここまで開くと、自転車とかベビーカーが積めるくらいです。

 

3段階で開くことができます。

 

普段だったら、これで問題なく使えるんじゃないでしょうか?

 

ここから、楽しくて良いですよね。

 

では、失礼します。

 

 

直噴1.5LのVTECターボエンジンです。

 

このエンジンは力があります。

 

これだけ大きなボディーなのに関わらず、こんな山道を登って行けるのかという、チョット衝撃です。

 

しかも、この新型ステップワゴンはハンドリングも良いですよ。

 

こうした箱型の車は、どうしてもユサユサした感じになってしまいますが、全くならないとは言わないですよ。

 

ですが、結構、良く走ります。

 

 

さて、ミニバンはどの席に座っても快適であることが大切ということで、2列目シートに来てみましたよ。

 

2列目、3列目というのは、ミニバンはガタガタしたり突き上げがあったり、あまり良くないものなんですけど、このステップワゴンは結構、良いです。

 

 

3列目に来てみました。

 

思ったよりも余裕がありますよ。

 

詰めて座れば、男三人が並ぶとかじゃない限りは十分広いと思います。

 

クッションも見た目はそんなに厚くないんですけど、乗っているとそんなに突き上げ感とかはありません。

 

さすがに、位置的にロードノイズは入ってきますけど、この状態でも2列目の人と十分会話ができるので、これだったら3列目で旅行に行けるレベルと言ってよいでしょう。

 

予想よりも全然良かったです。

 

 

今日は思い切って言ってみましょう。

 

今度のステップワゴンは、予想を跳び抜けたところにいましたので、正直、ビックリしちゃいました。

 

今回で5代目のステップワゴンということですが、わくわくゲートをはじめ、ユーティリティーに凝ったクルマなので、走りはまあまあなのかなと思っていたんです。

 

そしたら、1.5リットルVTECターボエンジンはパワフルで、ハンドリングは良くて、乗り心地は良くて、静粛性も高いです。

 

ステップワゴンは、このクラスのミニバンのベンチマークのハードルを上げましたね。

 

ライバル車は大変だと思います。

 

 

 

ステップワゴンの値引きについては、トップページでどうぞ♪